画像のある記事については、画像クリックででっかい画像になります;;


 

しかし

そら様がダイアリで書いてらしたけど。
現場で生で観るってのが、どれだけのものか、改めて感じた。
 観客席の一番上からでもかなり近く感じる距離。
 後半開始数分、一回、誰かわからなかったけど京都の選手のもの凄いかけ声が聞こえてびびった。
 清水側応援席に近いこともあって、清水サポーターさんたちの応援の。
 遠く離れた京都側ゴール裏から伝わる空気の波(言葉が見つからない)。
 シュートしたとき、ファウルしたとき、ゴールしたときの歓声と拍手と、それで伝わってくる空気。
 一瞬遅れて聞こえるボールを蹴飛ばしたときの音。
 伸二が交代したときの(清水だけでなく周辺にいた数名の京都サポーターさんも)拍手。
 清水ゴール前で清水の選手が倒れて、担架が呼ばれて。担架が出動した途端に選手復活・担架そのままピッチ横断して退場・・・とか・・・
で。
気がついたら45分過ぎてて、ロスタイム。
すごい空間だと、改めて思った。
疲れたけど面白かった。

広告を非表示にする

呼ばれて出てきて倒されて