画像のある記事については、画像クリックででっかい画像になります;;


 

1994年F1-サンマリノGP以前

開幕前テスト

ベネトンのJ.J.レートが事故。ヨス・ヴァースタッペンが代役に。

開幕ブラジルGP

ヴァースタッペンとエディ・アーバインが絡む事故。
ヴァースタッペンが宙を舞い、前をゆくマーティン・ブランドルのヘルメットにベネトンの右後部が直撃(リヤタイヤ接触)し、ブランドルの頭が大きく振り回される。
3台ともリタイア。
ポールはセナ。ピットでマイケル・シューマッハーに先行され、その後最終コーナーでスピンアウト、リタイア。
観客がぞろぞろと帰宅してしまう映像が国際映像として放映される。
同じく国際映像に、最終コーナーにマーク・ブランデルの(?)リヤカウルが放置されている映像がたびたび映し出される。
この年から参戦の2チーム(パシフィック、シムテック)は全く目立たず。
優勝はマイケル。

ブラジルGP後テスト

ジャン・アレジが負傷(代役はニコラ・ラリーニ)。

パシフィックGP(岡山英田)

セーフティカー。先導でのフォーメーションラップ
ポールのセナ、スタート直後の1コーナーでハッキネンに押し出され数秒でリタイア。
シムテックのローランド・ラッツェンバーガーが予選通過。自身も選手権に参加していた日本で晴れてF1デビュー、そして完走。
鈴木亜久里アーバイン(出場停止処分)の代役で復帰。
優勝はマイケル。2位にルーベンス・バリチェロが自身とチーム初の表彰台。

広告を非表示にする

呼ばれて出てきて倒されて